HOME > 復興関連情報 > 【ご案内】2月24日 朝日こどもの未来 東北ブロック大会~立場を超えたつながりが生む新しい支え合いのかたち~/2月23日 北海道・東北の子ども食堂がつながる研修会~「こども食堂はまちのプラットフォーム!」になるために~

復興関連情報

下記、子ども食堂等こども支援に関わる団体等向けの情報をいただきましたので、皆様にご案内致します。

=============================
【2月24日開催】
朝日こどもの未来 東北ブロック大会
~立場を超えたつながりが生む新しい支え合いのかたち~
=============================
【日時】 2019年2月24日(日)10:00~17:30

【場所】 東京エレクトロンホール宮城 交通アクセス(宮城県仙台市青葉区国分町3丁目3-7)

【定員】 70人

【参加費】3,000円(当日会場にて)
※参加者の交通費は主催側が負担します(当事業団規定による)
締め切り:2019年1月9日(水)必着

【参加要件】全プログラム参加できる方

【内容】
10:00~10:30 オリエンテーション
10:30~12:00 基調講演「子どもへの支援が地域のインフラとして根付くために」
         湯浅 誠さん(社会活動家/法政大学教授)
12:00~13:00 休憩
13:00~14:30 分科会
1.栗林 知絵子さん
       (NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長)
        2.谷口 郁美さん
       (滋賀県社会福祉協議会(滋賀の縁創造実践センター)事務局次長)
        3.望月 晃二さん
       (宮城県スクールソーシャルワーカーアドバイザー)
14:45~16:15 「"参加の力"が創る共生社会」
        早瀬 昇さん
       (特定非営利活動法人日本ボランティアコーディネーター協会副代表理事)
16:30~17:30 まとめと閉会
18:00~19:30 懇親会(希望者のみ)

申し込み・詳細は以下のホームページをご参照ください。
http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2018/12/post-323.html


※上記イベント便乗企画!!
=============================
【2月23日開催】
「子ども食堂はまちのプラットフォーム!になるための研修会 in北海道・東北」
=============================
【目的】
地域の子どもを地域で見守り、育てる社会の再構築を目指す

【事業内容】
子どもの貧困問題への理解と取組が広がり、こども食堂に取り組む個人・法人等が急増している。
さらに社会福祉協議会、自治体、民間の啓発イベントやマスコミの成果で、
今に生きる子どもたちの危機的状況が注視されてきました。
一方で、子どもたちの抱える問題は、成長や家庭環境の変化により時々刻々と、
不定形に変化する。そのため臨機応変に対応するためには
「制度による支援」でなく「人による支援・地域の支援」でなくてはなりません。
子ども食堂がまちのプラットフォームとなり、多様な子どもが地域につながり地域で育つためには、
行政や企業、社会福祉法人、NPO、市民がコラボレーションできるようにつながらなくてはならないと思います。
そのため研修では、子ども食堂実践者が繋がる仲間を見出し、
目的を共有し、「同志」を増やすためのノウハウを学ぶワークショップを開催します。

【対象】
北海道・東北地域のこども食堂運営者、ボランティア、行政担当者、
社会福祉協議会担当者など研修会・交流会・情報交換会まで参加可能の50名

【日時】2019年2月23日(土)11:00-21:00

【会場】エスポールみやぎ宮城県青年会館(宮城県仙台市宮城野区幸町4-5-1 )

【内容】                                            
① 研修会(11:00-18:30);
コミュニティ・オーガナイジング(市民の力で自分たちの社会を変えていくための方法・考え方)を、
講義とワークショップを通じて学び・身につけます。
*昼食付・途中休憩あり。
*コミュニティ・オーガナイジングの詳細については、HPをご参照ください。
 http://communityorganizing.jp
②交流会・情報交換会(19:00-21:00);
各団体同士の交流・情報交換を行います。(ビュッフェ式夕食付)

【お問合せ】
NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク

申し込み・詳細は以下のホームページをご参照ください。
http://www.asahi-welfare.or.jp/archives/2018/12/post-323.html


エントリー