HOME > 復興地域の各種情報

復興地域の各種情報

名称 第32回 NHK厚生文化事業団 地域福祉を支援する「わかば基金」
内容
対象となる活動
「支援金部門」
 ・地域の高齢者や障害者、生活困窮者などの日常生活を支援したり、さまざまなサービスを提供している。(在宅か施設かは問いません)
 ・障害者の社会参加や就労の場づくりの促進、またその活動の支援にあたっている。
 ・文化・芸術活動などを通じて、障害や年齢の枠をこえた交流や相互理解をはかっている。
 
「災害復興支援部門」
 ・被災地域で暮らす高齢者や障害者、生活困窮者などの日常生活を支援したり、さまざまなサービスを提供している。(在宅か施設かは問いません)
 ・新たな事業を展開するために必要な物品をそろえたい。
 ・福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の生活再建・福祉向上につとめている
 
「リサイクルパソコン部門」
 ・地域の高齢者や障害者、生活困窮者などへパソコン指導のサービスを提供している。(在宅か施設かは問いません)
 ・障害者の社会参加や就労の場づくりの促進、またその活動の支援にあたっている。
 ・要約筆記や字幕、音声や点字などでの情報保障。
 ・福祉情報の提供やネットワークづくりを通して、地域の福祉活動の向上につとめている。
助成金額
「支援金部門」1グループにつき、最高100万円
「災害復興支援部門」1グループにつき、最高100万円
「リサイクルパソコン部門」ノートパソコン総数50台程度
申込締切 2020年2月3日(月)~3月31日(火)必着/郵送のみ受付
お問合せ NHK厚生文化事業団「わかば基金」
URL https://www.npwo.or.jp/info/16422

 


遠野山里暮らしネットワーク様より講座のご案内です。

遠野で学ぶグリーン・ツーリズム講座& 東北ツーリズム大学 楽しめるグリーン・ツーリズムとは?

日時 : 2月17日(月)13:00(受付12:30から)~ 2月18日(火)12:00

会場:
17日 遠野市民センター(岩手県遠野市新町1−10 )
18日 遠野旅の産地直売所(岩手県遠野市新穀町28-5)

講演 :
「グリーン・ツーリズムは個性的だからいい!
~カントリーサイドで楽しむ有意義な時間~」

講師:
公立大学法人国際教養大学助教椙本歩美氏

事例報告:
遠野の農村民泊の取り組み事例報告(遠野民泊協会員)

お申し込み・詳細は添付のチラシをご覧ください。


ファイルイメージ

チラシ


NPO法人あきたパートナーシップ様からのご案内です。

令和元年度 福島県県外避難者への相談・交流・説明会事業
福島県から避難されている方々への『健康サロン交流会』

福島県から避難されている方々を対象に、盛岡市で健康サロン交流会が開催されます。
日ごろの運動不足を解消しつつ、おしゃべりなどの楽しいひとときを過ごしませんか。
お子様連れには明治製菓からのお菓子のプレゼントもあります。おひとりでの参加もぜひどうぞ。

日時:2020年2月22日(土) 13:30~16:00
会場:アイーナ いわて県民情報交流センター 8階811(研修室)
   盛岡市盛岡駅西通1丁目7-1
内容:岩手弁バージョンのラジオ体操第一や、楽しい交流会を企画しています。※個別の相談会もあります。
講師:NPO法人いわてNPOフォーラム21 事務局長 中村恭香さん
参加料:無料
申込締切:2月17日(月)

【お申込み・お問合せ】
特定非営利活動法人 あきたパートナーシップ
〒010-1403 秋田県秋田市上北手荒巻字堺切24-2(遊学舎)
こちらの用紙にご記入の上、FAX・Eメール・郵送またはお電話でお申し込みください。
FAX:018-829-5803
TEL:018-829-2140
E-mail:info2340@akita-partnership.jp


ファイルイメージ

チラシ・申込み書


NPO法人シニアパワーいわて様より、下記相談会のご案内です。

令和元年度 岩手県NPO等による復興支援事業
第2回NPOなんでも出前相談会

「困った・・・」を解決しましょう!
シニアパワーいわての無料相談会

相談をご希望の団体様事務所にお伺いしてお話をお聞きします。
従来通り各会場でもご相談に応じます。
どうぞお気軽にお申し込みください。

<開催時間>
1日目 午後1時30分~午後5時
2日目 午後9時00分~午後3時

【日程・会場】

1月28日(火)~29日(水) 釜石地区合同庁舎
2月5日(水)~6日(木) 陸前高田市コミュニティホール
2月13日(木)~14日(金) 宮古地区合同庁舎
2月17日(月)~18日(火) 大船渡地区合同庁舎

【内容】

  • 貸借対照表の公告、NPO会計基準の一部改訂等
  • NPO会計ソフトの操作方法(パソコンご持参ください)
  • NPO法人の新規設立・運営等、日常のお困りごと等

【申込方法】

申込用紙に必要事項を記入の上、FAXかE-MAILでお申し込みください。

特定非営利活動法人 シニアパワーいわて

E-MAIL:s.nagamy@brown.plala.or.jp

電話:080-2838-4922 担当:長峰


ファイルイメージ

チラシ


NPO法人シニアパワーいわて様より、下記相談会のご案内です。

令和元年度 岩手県NPO等による復興支援事業
第2回 県北地区NPOなんでも出前相談会

NPOのための! 総務・労務・会計など
なんでも無料の相談会です。

おいでになれない団体には、こちらからお邪魔してお話を伺います。
どうぞお気軽にお申し出ください。

<日程・場所>
1日目 13:30~17:00
2日目 9:30~15:00
日程 場所
2月20日(木)~21日(金) 久慈地区合同庁舎    
2月25日(火)~26日(水) 二戸地区合同庁舎
【内容】
  • 貸借対照表の公告、NPO新会計基準の一部改正等
  • NPO新会計基準による経理処理、会計ソフトの操作方法
  • NPO法人の設立・運営、日常事務等でのお困りごと
  • NPO法人の清算手続き
【主催】
特定非営利活動法人 シニアパワーいわて
 
【申込方法】
 
申込用紙に必要事項を記入の上、FAXかE-MAILでお申し込みください。
 
特定非営利活動法人 シニアパワーいわて
 
E-MAIL:s.nagamy@brown.plala.or.jp
 
電話:080-2838-4922 担当:長峰

ファイルイメージ

チラシ


名称 子ども支援団体の組織基盤強化プログラム
~実行団体の組織力向上による子ども支援サービスの拡充・安定化~
内容
本プログラムでは、子ども支援に取り組む団体(実行団体)が組織基盤強化事業に取り組むことを支援することで、支援ニーズのある子どもを対象としたプログラムを提供するNPOの組織力を高めることを目指します。その結果、支援プログラムやサービスの量や質が向上し、5~10年後には最終受益者である子どもの状況が改善される社会環境となっていくことを目標にしています。
 
●最大3年間で合計1,080万円の助成金の提供
●弊財団による、以下の非資金的支援の提供(月1回程度の面談による支援が目安です)
・事業のロジックモデル策定・成果目標策定支援
・組織診断実施のサポート
・組織基盤強化の目標と計画策定支援
・組織における合意形成のためのファシリテーション
・組織基盤強化の取り組みを支援する専門家(コンサルタント)に関する情報提供あるいは紹介
・中間評価、事後評価の支援 など
 
【対象地域】全国
【募集団体】4団体
助成金額
1 件あたりの助成金額は上限 360 万円とし、3年間の継続助成(毎年継続審査を行います)
申込締切 2020年2月3日(月)必着
お問合せ 公益財団法人パブリックリソース財団 子ども支援団体の組織基盤強化事業 事務局
URL https://www.info.giveone.net/kyumin-kodomo

 


名称 休眠預金を活用した体験格差解消事業
内容
●解決すべき社会の諸課題(領域)(分野)
子ども及び若者の支援に係る活動
 
●実行団体に期待する活動概要
障害児や児童養護施設、ひとり親家庭の子どもなどを対象に、海洋性レクリエーションを主とした自然体験活動を通じ、子どもたちの心身の成長を促し、社会性や自立心を育むとともに、他の子どもたちとの交流や活動団体間の連携等を通じて、子どもたちの支援の環境づくりとインクルーシブ社会のモデル地域となることを目指します。
 
●応募資格
・法人格の有無は問わず、企業も対象となります。自治体は申請不可。
・ 1年以上の自然体験活動の実績がある団体
・ 助成額に応じて20%の自己負担が可能な団体
 
【対象地域】全国
【募集団体】10団体
助成金額
1 団体あたりの助成額(上限及び目安):
上限 6,000,000 円から 4,000,000 円、2,000,000 円の3段階での募集
申込締切 2020年1月31日 
お問合せ 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団
URL https://www.bgf.or.jp/kyuminyokin/koubo.html

 


名称 こども食堂サポート機能設置事業
内容
●趣旨
この度、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく資金分配団体として採択され、民間公益活動を行う団体(以下「実行団体」という。)に対して助成を行うことになりました。将来の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援するこども食堂等子どもの居場所づくりを行う団体が持続可能な運営をしていくためには、各地域の中間支援組織が個々のこども食堂をはじめとする団体の相談窓口の役割を担い、資源開発や多様な機関とのネットワーク形成を図ることが必要だと考えています。そのため、本助成事業を通して、こども食堂の持続的な運営に資する「こども食堂サポートセンター」機能を設置する中間支援組織を実行団体として選定し、ネットワーク形成支援、組織基盤強化支援を行うことを目的としています。
 
●募集内容
2020年4月に開始し、2023年3月までに完了きるプロジェクトが、本事業の助成対象です。(3ヵ年事業のみ)下記の解決に向けてこども食堂サポートセンターを設置し、活動支援を行う団体を募集します。
 
・子どもたちの食生活の乱れ(自立した食習慣が身についていない・バランスの良い栄養が摂れていないなど)
・こども食堂実施団体の運営基盤がぜい弱で自己資金を拠出し、活動を続けている現状
・行政・関係機関との関係構築のノウハウ不足により支援体制が未整備である
 
【採択予定実行団対数】4団体程度
【対象地域】全国
金額
【助成総額】7,100万円(予定)
【助成上限額】1,775万円/件 (3年度分)
申込締切 2020年1月31日 必着
お問合せ 一般社団法人全国食支援活動協力会(旧:全国老人給食協力会)
URL http://www.mow.jp/saposen2019.htm

 


公益財団法人共生地域創造財団様から、下記シンポジウムについてご案内です。

『生涯現役活躍シンポジウム』


日時:2020年1月20日(月) 13:30~16:00
会場:陸前高田市コミュニティホール大会議室
主催:陸前高田市生涯現役促進地域連携協議会

共生地域創造財団では昨年6月より、「働きづらさを抱えるすべての方々」のため、
陸前高田にて「ユニバーサル就労支援センター」の運営に取り組んでいます。
これまでに50件を超えるご相談を受け、10代から70代まで、幅広い年代の方々の
「働きづらさ」に対応しています。

今回お知らせするのは、当センターが事務局を務める「陸前高田市生涯現役
促進地域連携協議会」として開催するシンポジウムです。
特に高齢者の方の就労や社会参加を促進するため、市や社協、シルバー人材センターに加え、
商工会・農協・漁協・森林組合・観光物産協会などで構成される協議会で、
事業者側と支援者側が一体となって「働きやすい地域づくり」を目指します。

シンポジウムでは、協議会の構成機関の他、すでに高齢者が活躍する職場づくりに
取り組まれている事業者の方々にもご登壇いただき、現状と今後について話し合います。
事業者だけ、高齢者だけ、支援者だけが頑張るのではなく、地域全体がどのようにして
「働きやすい地域」を目指していくかを考える機会にできればと思っています。


●シンポジスト:
・中村 剛裕氏
 ハローワーク大船渡所長
・佐々木 康裕氏
 医療法人勝久会 グループホーム金山所長
・高橋 和良氏
 (株)バンザイ・ファクトリー 代表取締役
・佐々木 正博氏
 (公社)陸前高田市シルバー人材センター 常務理事兼事務局長
・石井 優太氏
 (公財)共生地域創造財団 陸前高田市ユニバーサル就労支援センター長

●コーディネータ:
 鈴木 由美氏
 NPO法人ユニバーサル就労ネットワークちば 事務局長

●定員:120名


【お申し込み・お問い合わせ先】
陸前高田市ユニバーサル就労支援センター
陸前高田市竹駒町十日市場3-2
TEL. 0192-22-8465
FAX. 0192-22-8466
E-mail. info@uwc-rikuzentakata.net


ファイルイメージ

チラシ


名称 第8回東日本大震災 草の根支援組織応援基金
内容
公益法人協会では東日本大震災の発災後間もなく、「東日本大震災被災者救援基金」を立ち上げ、被
災地緊急支援を実施いたしました(平成23 年10 月終了)。
今回の本基金は、東日本大震災及び福島原発災害被災地域において被災者の生活再建の支援事業
に従事しておられる現地の民間非営利団体の活動に対して、資金的に少しでもお役に立ちたいという思いから、公益法人協会が平成25 年6月に再び設置したものです。
金額 一団体40万円前後
申込締切 2020 年2 月14 日(金)必着
お問合せ 公益財団法人公益法人協会
URL http://www.kohokyo.or.jp/shinsai/shinsai.html

 


県内で活動している地域おこし協力隊、復興支援員及び集落支援員ほか、地域づくり活動を行っている人材が一堂に会し、それぞれの活動事例を発表することによって互いの活動に対する理解を深め、各種活動の連携を促進することを目的として、標記発表会を開催します。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:令和2年1月31日(金曜日) 10時45分~16時00分  *10時15分 開場

場所:マリオス18階会議室(〒020-0045 盛岡市盛岡駅西通2丁目9-1)

主催:岩手県

参加対象者:
地域おこし協力隊、復興支援員、集落支援員 *OB&OGの参加、歓迎します!
その他 地域づくり団体、市職員・県職員 など

詳細・お申し込みは以下のリンク先をご覧ください
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/chiiki/chiikizukuri/1026162.html


岩手県主催による研修のご案内です。皆さん是非ご参加ください。

NPOは社会のニーズに対応した市民活動の担い手としても、地域課題の解決の担い手としても今後その活躍が期待されています。持続的な地域社会づくりに向けて、NPOが多様な主体と連携・協働するためには、組織として安定的な運営を求められていることから、NPOの組織基盤強化に精通した講師によるNPO向けの研修を行います。皆さん奮ってご参加ください。

【日時・内容】
2月6日(木)10:00-15:30
第1回 10:00~12:00「NPOの組織基盤について考える」
第2回 13:30~15:30「目標設定と企画力について考える」

2月7日(金)10:00-15:30
第3回 10:00~12:00「組織に合った財政基盤のあり方を考える」
    ※受講の際は団体の事業報告書を御持参ください
第4回 13:30~15:30「組織に合った財政基盤のあり方を考える」
    ①外部資金の活用等について
    ②補助金及び認定NPO制度について(岩手県から)

【講師】
第1回、第2回、第3回
田尻 佳史 氏(特定非営利活動法人日本NPOセンター常務理事)
【プロフィール】
社会福祉法人大阪ボランティア協会に入職後、1996年より日本NPO  センターに出向、2003年転籍、2018年より現職。市民活動の基盤整備を推進すべく、  NPOと他セクターとの連携のためのコーディネーションを行い、東日本大震災の復興支援事業を含む多くのプログラムの企画立案を手掛けている。

第4回
小原 禎宏 氏(株式会社日本政策金融公庫盛岡支店国民生活事業融資第二課長)

【主催】
岩手県環境生活部若者女性協働推進室

【お申込・お問い合わせ】
岩手県環境生活部若者女性協働推進室
TEL: 019-629-5198 FAX:019-629-5354
E-mail:AC0006@pref.iwate.jp

参加を御希望される方は、申込用紙に記載されている必要事項を記入の上、
2月4日(火)までにメール又はFAXにてお申込みください。

詳細は下記からもご覧ください。
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/npo/socialbusiness/1026116.html


ファイルイメージ

マネジメント研修チラシ


復興庁様主催のイベントのご案内です。

★Fw:東北 Fan Meeting 2019年度最終回★
限界集落の災害対応から学ぶ地域づくり

[イベント詳細]
 東北でも広域にわたり被害をもたらした令和元年台風第19号。多くの地域で水害や土砂災害が起きたものの、被害状況が伝わりにくく、支援の手を集めることも含め、復旧復興には多くの困難が伴いました。
 しかし、被災した域内で再建の道を自ら切り開く人々や外からの応援が集まるハブが現れることで、しなやかに立ち上がる地域もありました。
日常のまちづくりや生業づくりが、自分たちで動く力、決める力を養い、災害時の共助を生み出すことができたのです。

 実践例から、自分の暮らすまちでわたしたち自身が起こすべきことや東北と連携できることは何でしょうか。

 今年度最後のFw:東北 Fan Meetingは、そうした地域が持っていた共助の仕組みや考え方について、宮城県丸森町筆甫地区と、福島県国見町からお招きする「まちづくり、生業づくりに携わる実践者」とともに、地域の共助を生み出すための仕掛けを、参加者のみなさんと考えます。

[関連地域] 宮城県伊具郡丸森町筆甫地区・福島県伊達郡国見町
[参加費] 無料
[場所] 3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
[定員] 30名
[主催] 復興庁
[日時] 2020年1月30日(木)19:00-21:00(18:30開場)

[こんな方におすすめ!]
 ・まちづくりの活動に関心のある方
 ・地域での防災減災の活動に関心のある方
 ・令和元年台風第19号の被害からの復旧復興に関心のある方
 ・東北のまちづくりや災害復旧の活動を自分たちの地域に活かしたい方
 ・その他、本イベントに関心のある方


[参加申込] http://bit.ly/34SbYBn


ファイルイメージ

チラシ


名称 連合・愛のカンパ中央助成
内容
対象となる社会貢献活動
大規模災害などの救援・支援活動
戦争や紛争による難民救済などの活動
人権救済活動
地球環境保全活動
障害のある人たちの活動
教育・文化などの子どもの健全育成活動
医療・福祉関係などの活動
地域コミュニティー活動(レクリエーション活動を除く)
生活困窮者の自立支援活動
締切 2020年1月1日〜3月31日
問合せ先 連合・愛のカンパ「中央助成」係
URL https://www.jtuc-rengo.or.jp/activity/kizuna/campa/2020/chuo.html

 


名称 社会貢献基金助成
内容 この基金は、地域の種々の災害の救済、社会福祉事業、環境保全事業など社会貢献活動を行う各種団体等への助成及び社会貢献に資する調査・研究を目的とした事業に対する助成を行い、もって日本の生活文化と地域社会の発展に寄与することを目的としています。
金額 総額およそ1,000万円を目途
応募期間 2019年10月1日~2020年2月末日
問合せ先 冠婚葬祭文化振興財団
URL http://www.ceremony-culture.jp/social/service/fund/content01/

 


名称 JCI助成プログラム
内容 ジョンソン・エンド・ジョンソンJAPAN COMMUNITY IMPACT(以下JCI)では、人々のこころと身体の健康に関わる社会課題に対して長期的な視点で取り組むため、こうした分野で活動する非営利団体に対し、プロジェクトの助成を行っています。
金額 1年間で最大1000万円まで
締切 2020年2月2日(日)必着
問合せ先
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
JAPAN COMMUNITY IMPACT 助成プログラム担当
URL https://www.jnj.co.jp/our-societal-impact/grant-program_2020

 


名称 第3回「NPOによるICTサービス活用自慢大会」
内容
本大会は、社会課題の解決に取り組む、全国のNPO等が事業運営に用いているICTサービスの活用事例を発表・表彰することで、実践的な活用事例の共有を推進します。
 
NPO等によるICTサービスの活用方法や利用サービスの認知が高まることで、より社会課題の解決が加速を目指します。
 
皆様のご応募、心よりお待ちしております。
金額
審査の結果、大賞、各部門賞に選ばれた応募団体には、以下の賞金と賞状を贈呈します。
 
●大賞 : 賞金20万円
●ファンドレイジング戦略賞 : ファンドレイジング・日本 2020に5名様ご招待(125,000 円相当)
●PR・アドボカシー賞 : 賞金5万円
●新ツールチャレンジ賞 : 賞金5万円
応募締切 2020年2月1日(土)24:00締切り
問合せ先 特定非営利活動法人 NPOサポートセンター(担当:小堀、笠原、瀬角)
URL https://npo-sc.org/main/event/nptechjp_jiman_competition_3rd

 


名称 令和2年度度大槌町心の復興事業
内容
対象となる事業
(1)災害公営住宅に入居した住民の孤立防止、災害公営住宅内のコミュニティ形成や周辺地域住民との融和、交流促進に資する取組
(2)新旧住民の融和や多世代の地域参画など、地域住民が、課題解決に向けた地域活動を展開することができる地域コミュニティの構築や活性化に資する取組
(3)震災の風化防止や地域活性化に資する取組
補助金 1事業につき200万円(千円未満切り捨て)
募集期間 令和2年1月6日(月)から令和2年1月31日(金)
問合せ先 大槌町コミュニティ総合支援室総合支援企画班
URL https://www.town.otsuchi.iwate.jp/gyosei/docs/374487.html

 


名称 日本財団「令和元年豪雨・台風等の被害に関わる活動支援(第3期)」
内容
■対象となる団体
NPO 法人等(ボランティア団体含む)非営利活動を行う団体で、次のいずれかの項目に該当する団体
・災害支援に実績(過去3回以上、1回当たり1カ月以上)のあるNPO等
・当該被災地に拠点のあるNPO等
(台風19号における災害救助法が適用された以下の都県。具体的には、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県並びに千葉県)(内閣府11月1日(金)18時半公表時点)
・2018年の被災地に拠点があり災害支援に実績のあるNPO等(西日本豪雨、北海道胆振東部地震、大阪北部地震等)(※実績の回数等は問いません)(第2期追加)
 
 
■対象の事業
・専門的な支援を行うNPO等の活動(水害復旧、家屋の修繕作業に係る技能を有する分野など)
・特別なニーズ(障害者・高齢者・乳幼児・外国人などの要配慮者)に対する専門性を活かした活動
・当該被災地に拠点を置き、地域に根ざした支援を行う活動
・2018年の被災地から当該被災地へ災害支援の経験を踏まえた支援を行う活動(第2期追加)
助成金額
1事業あたり上限100万円 補助率100%
 ※申請いただく事業規模に応じ、審査させていただきます。
募集期間
第3期 2020年1月31日(金)
 ※第3期以降も募集を行う場合があります。
お問合せ 日本財団経営企画広報部 災害担当
URL https://www.nippon-foundation.or.jp/grant_application/programs/2019tyhoon19

 


名称 緊急助成<令和元年台風15号・19号被災者支援助成>
内容
台風15号・19号では、河川の氾濫や洪水、土砂災害など、広範囲にわたり甚大な被害が生じ、多くの方が影響を受けています。こうした状況を受けて、浄土宗ともいき財団では、被災者の心のケアのために今後活動していこうとする浄土宗寺院・僧侶、その他関係団体の当初の活動を資金面で支援するために、緊急助成を実施します。
 
■対象となる活動
避難所、仮設住宅等(寺院を含む)において心のケアが必要な被災者への継続的な支援を目的とした活動(例:茶話会、カフェ等の傾聴を目的とした交流活動)の立ち上げ及びそのための事前調査
 *がれきの片付け、炊き出しなど1日単位のものや短期のものは対象外です。
 
■対象となる地域
災害救助法が適用された自治体が所在する都県
 *岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県
 (上記は令和元年10月19日時点のもの。内閣府の適用状況を反映し追加する)
 
■対象となる団体
浄土宗教師が中心的役割を担う団体(寺院・活動団体)
 *浄土宗から補助金・助成金を受けている場合は対象外です。
助成金額 20万円を上限とし、予算に達した時点で募集を終了
募集期間 令和2(2020)年1月20日(月)
お問合せ 公益財団法人浄土宗ともいき財団
URL https://tomoiki.jp/activity/revitalize/group.html