HOME > 活動の記録

活動の記録

10月26日に「第48回いわて内陸避難者支援ネットワーク会議」を住田町にある「イコウェルすみた」を会場に開催致しました。
「イコウェルすみた」は、東日本大震災で甚大な被害が出た岩手沿岸南部の 陸前高田市・大船渡市・釜石市に隣接する住田町が、被災者を受け入れ、 更に支援に訪れる町内外の方々との間に多様なつながりが生まれるきっかけにもなった 「住田型応急仮設住宅」を一戸そのまま再現し、震災の記憶や記録を継承する施設として「展示棟」があるほか、 コワーキングスペースとして、グループワークが行えるスペースの「共用棟」「オフィス棟」もあります。 内陸NW会議の前後には、この施設内を見学させていただきました。

第48回の会議の話題は、各団体の取り組みの共有がメインでしたが、 復興財源が先細りになっている中、必要な支援をいかに地域に根付かせていくか、 逆に被災者の現状や課題をしっかりと発信し必要性を伝えていくか、 という話題が出ました。
また、コミュニティ形成に関する話題も出ました。自分たちでやろうという意識が芽生え始めた地域や、住民主体の動きまでもう少し時間がかかる地域など、 人々の繋がりやコミュニティは自然発生的には生まれにくいため、サロンやイベントなどの“場づくり”などを、その地域に応じたやり方で仕掛けていくことが必要です。 うまくいったやり方等、いわて内陸避難者支援ネットワーク会議が支援団体同士の情報交換の場となっています。

 

◾️ 「仕事と学びの複合施設-イコウェルすみた-」とは
住田町は林業日本一の町づくりを行っており、仮設住宅についての独自の構想を持ち、 東日本大震災以前にその大まかな設計が完成していました。 そのため、震災後、早急な対応が必要として超独自の仮設住宅建設を決断!! 3つの町有地に110棟(一般向け93棟、医療関係者向け17棟 )を建設し、 火石(ひいし)団地・本町(もとまち)団地・中上(なかがみ)団地として 震災から2ヶ月後の2011年5月には近隣からの被災者の木造仮設住宅への入居が始まりました。
木材加工技術を生かし住田町独自に建設した木造一戸建ての仮設住宅は全国的にも珍しく、 「住田型」として注目を集めました。
2021年12月に仮設住宅は閉所となったのち、本町団地が住田町「跡地利活用方針」により、 仮設住宅の部材を再利用して震災の記憶や記録を継承するとともに、 リモートワークやテレワークといった新たな働き方の受け皿となる施設として再整備されました。
〈HP参照〉https://www.icowell-sumita.com/


NPO法人津波田老様からのイベント開催のご案内です。



●日時:2023年11月5日(日)9:30~11:30(第一部)、13:00~15:30(第二部)

●場所:
第一部:道の駅たろう(宮古市田老2丁目4-5-1)
第二部:三王わんぱく公園(宮古市田老三王2丁目66)
  
●内容:
国連が定めた「世界津波の日」に合わせて、「備えよう!日本海溝千島海溝地震・津波」として、宮古市田老の津波防災文化を学び、三王団地のわんぱく公園の防災設備を活用した訓練を行います。いつ起こるかわからない大地震に備え、身を守るための実践的な方法を、大学や企業と連携して学びます。
(1)第一部
防浪堤~乗り越し道路、新防潮堤を巡り、田老の津波防災文化を学びます。
(2)第二部
三王わんぱく公園に整備されている防災東屋(災害時にテントをかけて救護施設などに使用することができる)の組み立て、岩手県立大学宮古短期大学部ドローンサークルのドローン操作体験等を企画しています。


ファイルイメージ

チラシ


================================================
岩手の志を次世代へ「地域のための遺贈寄付」セミナー
================================================
●概要:
今後岩手県内で地域課題解決に向けた活動に対して、「志が循環する仕組みづくり」として、遺贈寄付等の資金が循環する状況が望まれます。岩手の為に、人生を賭けてきた皆様の志を次世代の志と循環させる仕組みをつくる為の取組を岩手県内の認定NPO法人が中心に取り組みます。受け入れるNPOだけでなく、関わりのある、行政、士業、マスコミの皆様に志が循環する仕組みについて共有させて頂く機会とさせていただきます。

●開催日時:2023年11月11日(土)9:30~11:00 

●会場:岩手県公会堂21号室(会場定員50名*先着順)

●開催方法:ハイブリッド形式(申し込み頂いた方にURLを送付させて頂きます)

●対象:NPO、行政、士業、金融機関、報道機関の皆様

●タイムスケジュール
・開会・趣旨説明 
・岩手県環境生活部若者女性協働推進室よりメッセージ
・遺贈寄付のススメ 


●講師:一般社団法人日本継承寄付協会 
代表理事 三浦 美樹 氏 司法書士
プロフィール:
2011年司法書士事務所開業 相続専門司法書士として2000件以上の相続相談を受け、相続セミナーや相続専門誌の監修・執筆を多数経験後、2019年、遺贈寄付を日本の文化にすべく日本承継寄付協会を設立。遺贈寄付の全国実態調査の実施や専門家向け遺贈寄付研修、寄付先紹介つき遺贈寄付ガイドブックを「えんギフト」を発行、英国初の遺言書作成報酬助成であるフリーウィルズキャンペーンの日本初開催をし、日本における遺贈寄付文化創造に尽力。


・岩手県内認定NPO法人よりメッセージ 
認定NPO法人盛岡ユースセンター、
認定NPO法人もりねこ
認定NPO法人桜ライン311
認定NPO法人おはなしころりん
認定NPO法人フードバンク岩手
※終了後、11時半まで会場内での名刺交換などの交流タイムとさせていただきます。

●主催 いわて遺贈寄付推進検討委員会
(メンバー:認定NPO法人盛岡ユースセンター、認定NPO法人もりねこ、認定NPO法人桜ライン311、
認定NPO法人おはなしころりん、認定NPO法人フードバンク岩手、NPO法人いわて連携復興センター:事務局)

●特別協力:jinjer株式会社

●後援:岩手県

●申し込み方法(申し込み期限:11/9正午)
下記URLからお申込みお願いします。下記の問い合わせ先への申し込みも可能です。
https://forms.gle/bgGbJowZTV7SL4wb6

●お問合せ:
特定非営利活動法人法人いわて連携復興センター(担当:葛巻)
TEL:0197-72-6200 FAX:0197-72-6201


ファイルイメージ

遺贈寄附セミナーチラシ


復興・被災者支援に取り組む岩手県内のNPOと県外企業等とのパートナーシップの構築を目指す交流会を、令和6年1月、東京都内で開催します。交流会では、主に首都圏で岩手に興味・関心を持つ企業・団体の方々へ、岩手の被災地の現状や課題、そしてNPOの取組を共有し、ともに実現可能な連携・協働の形を考えていきます。
この機会を活用し、県外企業等と連携・協働の取組をしたいとお考えのNPO法人、一般社団法人、任意団体等の皆様、奮ってご応募下さい。

【参加NPO募集要綱】
・岩手県内で復興・被災者支援に取り組んでいる、もしくは取り組んだことがあるNPO
 (特定非営利活動法人・一般社団法人・任意団体等)
・企業をはじめとする多様な主体との連携・協働による取組に興味・関心を持っていること
・募集NPO数:15団体程度
 (申込多数の場合は、委託者である岩手県といわて連携復興センターで選考をさせていただきます)
・ご参加いただくNPOの皆様には、企業と協働したいプロジェクトに関する資料作成や、
交流会後、企業等との協働の実施に向け、企業等への働きかけを積極的に行っていただきます
・申込締切:令和5年11月17日(金) 17:00まで

【岩手NPO×県外企業 交流会開催概要】
日時:令和6年1月19日(金) 13:00~15:30
場所:全水道会館 大会議室 (東京都文京区本郷1丁目4−1)

【プログラム(予定)】
13:00~14:30 岩手NPOからの活動紹介(1団体あたり3分程度)
14:30~15:30 NPOと企業との交流タイム

【交流会を介したこれまでのNPOと企業等との連携協働事例】
・NPOが取り扱う間伐材を使用した栞が企業の株主返礼品に採用された
・助成団体が交流会でNPOの活動を知り、その後の助成につながった
・企業が交流会でNPOの活動を知り、その後の物資の支援につながった

上記要件を満たし、交流会へ参加をご希望される団体は、チラシ裏の申込用紙に必要事項をご記入の上お申込み下さい。
E-mailでお申し込みの場合、タイトルを「県外企業交流会参加申込」としていただき、お名前、団体名、連絡先、メールアドレス、企業と連携したい取組をご記入ください。

【お問合せ / お申込み】
特定非営利活動法人 いわて連携復興センター
Tel;0197-72-6200 Fax;0197-72-6200 E-mail;info@ifc.jp 担当:高田(080-9010-8425)
お問合せ / お申込み 〒024-0061 岩手県北上市大通り1-3-1 クレヨンタワー7F

この事業は、令和5年度NPO等による復興支援事業(交流会事業)として、特定非営利活動法人いわて連携復興センターが岩手県から受託し、事業運営を行っています


ファイルイメージ

参加募集チラシ・申込用紙


いわて連携復興センターも参画しております、
いわてNPO災害支援ネットワーク(INDS)からアンケート協力のお願いです。
 
================================================
「岩手県内の災害への備えと支援活動に関する実態調査」アンケート協力のお願い
 ※締切延長しました(10/31 まで)
================================================
 
この度、いわてNPO災害支援ネットワークでは、
岩手県内のNPO法人等を対象に、地域の防災力と災害時に活用可能な
県内の資源の把握を目的にアンケート調査を実施することと致しました。
 
近年、毎年のように全国各地で自然災害が頻発し、甚大な被害が発生しています。
直近2年間の東北地域においても「令和4年3月福島県沖地震」「令和4年8月豪雨」「令和5年7月豪雨」
「令和5年台風13号」などの自然災害等を何度も経験し、
そのたびに災害に対する備えを平時から整えておくことの重要性を痛感しています。
 
そのような背景から、今回の調査で岩手県内各団体の災害支援における体制や防災意識の現状、
災害時の地域対応力、地域防災力の強化に伴う課題を把握することで、
有事の際には効果的な被災者支援に繋げていきたいと考えています。
 
いつ起こるかわからない災害。できれば起きて欲しくないものですが、
万が一のためにできる限り備えておくに越したことはありません。
お忙しい中とは存じますが、アンケートへのご協力を宜しくお願い致します。(※回答時間 約5分)
 
 
《回答期限》令和5年10月16日(月)⇒10月31日(火) 締切延長しました
 
 
《アンケートの回答方法》
①Googleフォームから回答(QRコード、URL)
 
②別添調査票に必要事項を記入し、FAX・メールで回答
FAX:0197-72-6201    メール:segawa@ifc.jp
 
 
*この調査は、内閣府「令和5年度官民連携による被災者支援体制構築事業・モデル事業」の一環として実施しています。
 
 
**************************
《本件に関するお問合せ》
いわてNPO災害支援ネットワーク(INDS)
【事務局】特定非営利活動法人いわて連携復興センター(担当:瀬川)
〒024-0061 岩手県北上市大通り1-3-1 クレヨンタワー7階
TEL:0197-72-6200/FAX:0197-72-6201
携帯: 080-5736-0433/MAIL:segawa@ifc.jp

ファイルイメージ

依頼文


ファイルイメージ

アンケート票


いわて連携復興センターも構成団体として運営しております、
「新しい東北」官民連携推進協議会からのご案内です。

==========================================
【学生・若者向け】
『三陸沿岸を訪れ、復興の姿を知る“三陸沿岸学び旅・交流プログラム”』を開催します
==========================================

【概要】
本プログラムでは、岩手県内の学生・若者自身に、三陸沿岸の事業者とも相談いただきながら、
オリジナルの三陸沿岸ツアーを考案いただき、実際に1泊2日の行程で三陸沿岸部に訪問していた
だく予定です。自身で関心のあるスポットへ訪問するツアーを企画し、三陸沿岸の復興の姿を知る
貴重な機会となればと考えています。ぜひご応募のほどよろしくお願いいたします。

●参加対象者:岩手県内の若者(大学生・社会人)15名程度
●実施内容:(2つの内容へのご参加が必須となります)
① 事前ワークショップ
・開催日:10月14日(土)13:00~15:00(予定)
・開催場所:いわて若者カフェ(岩手県盛岡市内丸11-2岩手県公会堂地下)
・ワークショップ内容:
企画概要の説明/対象エリア別にチーム分け/訪問したい事業者の検討/ツアー行程案の検討など
※ 本ワークショップにおいて、ツアー・プログラムの具体的な内容を検討していただきます。
※ 事前ワークショップとツアーの間に、事務局のサポートのもと、参加いただいた若者と訪問先の事業者
等との間で、 個別にオンライン等でプログラム内容の調整等をしていただくことも想定しています。
※ 企画内容については、今後の検討によって変更があり得ます。
② ツアー・プログラム
・開催日:11月25日(土)・26日(日)(1泊2日)
・開催エリア:岩手県久慈市、岩手県宮古市、岩手県陸前高田市
※ 参加者の皆様には、3グループほどに分かれて各エリアを巡っていただく想定です。
※ 行程の最後には、各エリアの若者カフェの連携拠点に集合いただき、参加者、現地事業者、自治
体及び観光関係団体との意見交換を行う予定です。
※ ツアー・プログラム本番の交通費・宿泊費・プログラム体験費については、事務局が負担します。
●応募方法:
下記URLよりアクセスし、必要事項を明記の上ご応募ください。
https://questant.jp/q/VEQCXZ8T
●応募締め切り 10月6日(金)中

【お問合せ】「新しい東北」官民連携推進協議会事務局
Mail:newtohoku@tourism.jp
Tel:03-6260-1222


ファイルイメージ

チラシ


いわて連携復興センターも事務局をしております、
3.11から未来の災害復興制度を提案する会からのご案内です。

「被災者支援制度を各セクターから考える~有効な被災者支援の為に」

3.11から未来の災害復興制度を提案する会では、9/17-18に横浜国立大学で行われる、ぼうさいこくたい2023に「被災者支援制度を各セクターから考える~有効な被災者支援の為に」と題し、誰一人取り残されない被災者制度について考えるセッションを行います。
来場・オンラインどちらも可能なハイブリッド開催となります。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

●出展タイトル:被災者支援制度を各セクターから考える~有効な被災者支援の為に
●出展日:9月17日(日)16:30
●出展会場:S2-1都市科学部講義棟 106講義室
●出展内容:
今後起こりうる災害の備えとして、誰一人として取り残されず効率の良い支援が行き届くように、被災者支援制度に関して、これまで全国の支援現場で活動する様々なセクターの実践者と現状・課題・今後についてディスカッションを行う。登壇者についても、研究者、士業、行政、企業など様々な立場から検討している。
●登壇者:
齋藤由里子(公益財団法人 味の素ファンデーション(TAF) 事務局長)
畠山順子(NPO法人あきたパートナーシップ 理事長)
阿部知幸(311変える会代表 NPO法人フードバンク岩手 副理事長)
菅野拓(大阪公立大学大学院文学研究科 准教授)
葛巻徹(NPO法人いわて連携復興センター 代表理事)*趣旨説明・進行

お申し込みはこちらの申込フォームからお願いいたします。(締切:9月13日(水)18:00まで)
https://forms.gle/Y5xz9AFmoFzgLCQH7

詳細はこちらをご覧ください。
https://bosai-kokutai.jp/2023/s-29/?fbclid=IwAR3Zl4szDWbdSITxhzZUYDynWL1kyf6btRueTXGFRQdHqX2xuATt5bhvSMg

【お問合せ】
<3.11から未来の災害復興制度を提案する会 事務局>
 NPO法人いわて連携復興センター(担当:葛巻)
 〒024-0061 岩手県北上市大通り1-3-1 クレヨンタワー7F
 Tel.0197-72-6200  Fax.0197-72-6201  E-mail : 311kaerukai@ifr.sakura.ne.jp


いわて連携復興センターも事務局をしております、
3.11から未来の災害復興制度を提案する会からのご案内です。

災害ケースマネジメント入門 ~岩手での事例紹介~

自然災害が頻発している昨今、いずれの地域も被災地になる可能性があり、
その場合の被災者支援について平時から考えておく必要があるります。
被災者一人ひとりに寄り添う取り組みである「災害ケースマネジメント」は
令和5年3月に内閣府より「災害ケースマネジメント実施の手引き」が示されましたが、
その内容を理解する機会は少なく、有識者からのレクチャーと、
岩手における実践について学ぶ機会とし、今後の各位の活動に役立てる為、開催致します。

■日時 2023年8月24日(木)10:00~11:30
■場所 アイーナ810会議室 リアル参加定員25名 zoom定員50名
■申込 下記フォームから申し込みお願いします。
    https://forms.gle/nMiDxQSMWsfizzqWA
■主催 3.11から未来の災害復興制度を提案する会

■内容:
〇有識者から災害ケースマネジメントについてのレクチャー
  菅野拓(大阪公立大学大学院文学研究科准教授)
〇岩手での災害ケースマネジメントの実践報告
  阿部知幸(NPO法人フードバンク岩手 副理事長)
〇会場からの質疑を交えてのディスカッション


■講師紹介:
菅野 拓/大阪公立大学大学院文学研究科准教授
博士(文学)。専門は人文地理学、都市地理学、サードセクター論、防災・復興政策。
近著に『つながりが生み出すイノベーション―サードセクターと創発する地域―』、
『災害対応ガバナンス―被災者支援の混乱を止める―』(いずれも単著、ナカニシヤ出版)。
最近の主な委員としては内閣府「被災者支援のあり方検討会」委員、厚生労働省
・内閣府「医療・保健・福祉と防災の連携に関する作業グループ」参考人、
熊本市「復興検討委員会」委員など。

阿部 知幸/NPO法人フードバンク岩手 副理事長
東日本大震災をきっかけに民間企業よりNPOの世界へ転身。
被災者支援を継続していくなかで、生活に困っている方々への支援のひとつとして
食料支援を開始すると同時に岩手県で食のセーフティーネットを構築するために、
2014年フードバンク岩手を設立。 岩手県内の施設や子ども食堂等への食品譲渡の他、
行政や社会福祉協議会等の生活困窮者相談窓口と連携した食料支援依頼2700世帯にも
対応(2022年度)。食品ロス削減推進法の充実・被災者支援の制度改正にも取組み中。
311変える会代表。


【お問合せ】
<3.11から未来の災害復興制度を提案する会 事務局>
 NPO法人いわて連携復興センター(担当:葛巻)
 〒024-0061 岩手県北上市大通り1-3-1 クレヨンタワー7F
 Tel.0197-72-6200  Fax.0197-72-6201  E-mail : 311kaerukai@ifr.sakura.ne.jp


平素は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
特定非営利活動法人いわて連携復興センターでは、
下記日程を夏季休暇とさせていただきます。
皆様にはご不便をおかけ致しますが、何卒ご了承いただきますよう、
よろしくお願い申し上げます。

【夏季休暇】
令和5年8月14日(月)〜16日(水)


一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンター様からの研修会ご案内です。

================================================
研修会:8月31日(木)開催「多様な主体が連携するための課題設定に活かすロジカルシンキング」
================================================
◆本研修会について

本研修会は、被災地や地域の中間支援団体のコーディネーター向けに開催します。
今回の研修会では、中間支援コーディネーターが日々の業務で多様な主体と協働して課題解決をおこなう際に、コーディネーターに必要な関係者の共通認識のもと共に取り組む課題を設定する力を身につける基礎的な思考方法として「ロジカルシンキング(論理的思考)」を学びます。
「ロジカルシンキング」とは物事を体系的に整理して筋道を立てて、矛盾なく考える思考法のことをいいます。
「ロジカルシンキング」の思考方法を養い、リサーチ力・調整や合意形成するファシリテーション力・思考を整理する力・分析力の基礎として用いることができます。

講義では講師から「ロジカルシンキング」の思考方法と手法、活用事例や活用する際のポイントなどについて聞くことができます。
グループワークでは講義で学んだ「ロジカルシンキング」手法を用いて参加者自身が経験した事例について「論点」と「意見」に分けて考える手法を体験します。

是非この機会に本研修会に参加し、ロジカルシンキングの思考方法や手法を学び、リサーチ力・調整や合意形成するファシリテーション力を養い皆さんの日々の支援活動に活かしてみませんか?

◆講師
 外和 信哉 (そとわ しんや) 氏
<プロフィール>
1972年、八戸出身。東京を拠点に、プロ添乗員、インバウンド旅行企画などの仕事をへて、2013年Uターン創業。国や自治体と連携して、実践型インターン、兼業コーディネート、多世代の対話の場づくりなど、地域エコシステムを耕す観光まちづくり事業を展開している。東日本大震災では、KIBOW(グロービス経営大学院の堀代表が主導)の地域リーダーなどでも活動してきた。地元の多様なステークホルダーとの深い信頼関係を礎に、ソーシャル、ビジネス、観光産業などの各コミュニティとの「交点を整えて価値を創る」コーディネートを実践。次世代の人財の育成にも注力している。旅行産業経営塾運営委員、グロービス経営大学院MBA修了。

◆日時
 2023年8月31日(木)14:00~16:00

◆参加形態
 ZOOMミーティングによるオンライン開催

◆対象
 被災3県(岩手県・宮城県・福島県)の地域や全国で活動している中間支援団体のコーディネーター

◆参加人数
 30名前後

◆参加費
 無料

◆主催
 一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンター

◆プログラム
【講義】
 課題設定で用いる「ロジカルシンキング」
 ・ロジカルシンキングの思考方法と手法(「論点」「意見」の切り分け)
 ・活用事例(講師が実践している事例紹介)
 ・活用する際に押さえるポイントや注意点
 ・ワークのデモンストレーション
【ワーク】
 「ロジカルシンキング」を体験する(「論点」「意見」の切り分け)
 ・講義で学んだ手法を実践する。
 ・参加者自身が経験したことに対して切り分けを行い当事者の気持ちを体感する。   
 ・参加者同士でそれぞれの考え方を情報交換してお互いの違いを体感する。

◆申し込み
下記お申込みフォームより、8月30日(水)17:00までにお申し込みください。
https://forms.gle/e7iiB7xhSKR43GCF8

◆問い合わせ
一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンター 担当:太田
電話:022-797-6708
メール:info@michinoku-design.com

※本研修会は令和5年度復興庁被災者支援コーディネート事業の一環で実施いたします。


毎年のように自然災害が発生しておりますが、今年も大雨により秋田県をはじめ
北東北でも甚大な被害が発生いたしました。

被害を受けられました皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、
被災された皆様の一日も早い復旧と復興を祈念いたします。

いわて連携復興センターでは、弊法人も参画しているいわてNPO災害支援ネットワーク(INDS)として、
秋田県内外の関係機関・団体の皆様と連絡を取りながら状況把握に動いております。

併せて、被災地における災害ボランティアコーディネートのためのスタッフ派遣や物資輸送など、
状況に応じてすぐに動き出せるよう準備を行っています。

今週末も雨予報となっておりますので、これ以上被害が広がらないよう願いながら、
有事の際に動ける体制を構築していきたいと思います。


いわて連携復興センターも運営に関わっております、
NPO活動交流センターからのご案内です。

================
NPO向けインボイス制度セミナー
================

2023年10月から消費税の適格請求書等保存方式「インボイス制度」が始まります。
NPO法人でも、制度を理解し準備を進めていくことが求められます。
本セミナーでは、仙台国税局から講師をお招きして、消費税の基本的な仕組みからインボイス制度の概要、
そして登録申請手続まで幅広くご説明いただきます。

【内容】
・インボイス制度の概要
・主な申請手続、対応方法
・質疑応答 など

【日時】
2023年7月6日(木)13:30~15:30
(オンライン”Zoom”による受講も可能)

【会場】NPO活動交流センター 団体活動室3

【講師】仙台国税局 担当者

【対象】岩手県内のNPO・市民活動団体等

【定員】30名(オンライン受講含まず)

【申込期限】2023年7月3日(月)

【参加費】無料

【主催】NPO活動交流センター

【お問合せ、お申込み】
NPO活動交流センター
担当:高田、大吹
申込フォーム
※メールでのお申込みやチラシ裏面を記載しFAXでお送りいただいても構いません。


ファイルイメージ

【チラシ】NPO向けインボイス制度セミナー


みちのく復興・地域デザインセンター様主催の研修会のご案内です。
皆様のご参加のお申し込みお待ちしています。

中間支援コーディネーターによる情報発信支援~事例と方法~

本研修会について:
本研修会は、被災地や地域の中間支援団体のコーディネーター向けに開催します!
中間支援コーディネーターの皆さんは日頃、被災地や地域で活動している団体へ様々な支援をしている中で、情報発信の取り組み方の事例や方法でお困りのことはございませんか?
そこで、今回の研修会は中間支援コーディネーターによる情報発信支援をテーマに実施します。
講義では情報発信に取り組んでいる講師を招き、活動を継続する際の課題および、その課題解決に必要な資金や人材の発信について聞くことができます。
グループワークでは、講義を受けて、支援先の団体自身が情報発信できるようになるために、中間支援コーディネーターが取り組む支援内容を検討・意見交換します。
本研修会に参加して、情報発信の事例を学び、支援に取り入れてみませんか?
 
●日時:2023年6月29日(木)14:00~16:00
●参加形態:ZOOMミーティングによるオンライン開催
●対象:被災地や地域の中間支援団体のコーディネーター
●参加人数:30名前後
●参加費:無料
 
◆講師:白石祥和氏(NPO法人With優 代表)
プロフィール:
米沢市出身。大学卒業後、自身や周囲の変化、学校や様々な事業所での勤務経験、海外でのボランティア経験を経て、学校に行けない子ども達のもう一つの学校を作ろうと自分の思いをチラシにして市内各戸へ自ら配布し、賛同者を募り2007年に任意団体With優を立ち上げ、2009年にNPO法人化した。
 
●次第:
14:00 開会の挨拶・研修の趣旨説明
14:05【講義】
『情報発信するメリットやノウハウ』
 ・なぜ情報発信を団体が自ら取り組むのか
 ・自ら情報発信することによるメリット(団体への理解を深める など)
『地域の支援団体が情報発信する事例とノウハウ』
 ・地域の支援団体が解決したい社会課題と解決に必要な資源や支援を発信した事例
 ・社会課題の解決に必要な資源や支援の発信のノウハウ(外部への伝え方)
 ・情報発信を実践していくときの工夫
 
 ※講師からお話しいただいた後にインタビュー形式で深掘りを行います。
 インタビュイー:白石氏
 インタビュアー:葛巻徹(一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンター)
 
14:45 休憩
14:50【ワーク】
「支援先の団体自身で情報発信できるようになるための中間支援コーディネートの検討」
 ・参加者が取り組む支援内容について各自で伝え方を検討する。
 ・グループワークで各自の伝え方を共有・意見交換する。
 
15:40 グループよりワーク結果共有・講師による講評
15:55 閉会挨拶
 
●申し込み:下記お申し込みフォームより、6/27(火)17:00 までにお申し込みください。
https://forms.gle/PzW1UGAPLJdoNs9W9
 
●問い合わせ:
一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンター(担当:太田、山田)
電話:022-797-6708  メール:info@michinoku-design.com
 
※本研修会は令和5年度復興庁被災者支援コーディネート事業の一環で実施いたします。

いわて連携復興センターも運営に関わっております、
NPO活動交流センター主催講座のご案内です。
NPO活動で疑問や不安を抱えているみなさま、ぜひご参加ください。

=================================

NPO活動交流センターでは、NPO活動で生じる疑問や不安について、司法書士・税理士がお答えする無料相談会を開催します。
ぜひご利用ください。

●登記に関する各種相談
【日時】2023年6月7日(水)・6月29日(木)・8月4日(金)・10月6日(金)・2024年2月2日(金)
司法書士:小山田 泰彦さん

●税金・税務に関する各種相談
【日時】2023年6月8日(木)・6月30日(金)・9月8日(金)・11月2日(木)・2024年6年3月1日(金)
税理士:丹代 一志さん、猿川 智之さん

【時間】➀10:00~ ➁11:00~ ➂13:00~ ➃14:00~
※1団体あたり最長45分(事前予約制)
【会場】NPO活動交流センター
【参加方法】来場もしくはオンライン(Zoom)
【対象】岩手県内のNPO法人・非営利型一般社団法人
【申込締切】各開催日6日前 

【お問合せ/お申込み】
NPO活動交流センター
〒020-0045 盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号 
いわて県民情報交流センター「アイーナ」6F
TEL: 019-606-1760 FAX: 019-606-1765
E-mail:n-katsu@aiina.jp (担当:大吹)

=================================


ファイルイメージ

R5専門家相談会最終チラシ


4月21日(金)、やまだわんぴぃすが主催する山田高校ボランティア説明会の発表補助として参加してきました。

「やまだわんぴぃす」は東日本大震災以降、山田町を中心に自然の中に遊び場と畑が混在する「居場所」を作り、地域コミュニティの復興を目指す取り組みを行っています。

昨年度は町内の災害公営住宅の入居者の方と山田高校の高校生ボランティアが一緒に交流しながら畑づくりに取り組みました。今回は今年度も高校生のチカラをお借りすべく、山田高校の高校生を対象にボランティア説明会を開催しました。これまでの活動や高校生に協力してもらいたいことなどを発表し、高校生の皆さんも真剣に聞いていただきました。


具体的な活動は今後決まっていくことになりますが、様々な世代が地域のまちづくりに参画していくきっかけづくりの機会となりました!


いわて連携復興センターの現在の活動の柱は、3つあります。
一つ目は、「復興に特化した中間支援」。
二つ目が、「防災」。
三つ目が、「震災伝承(アーカイブ)」です。
この二つ目の防災の部分では、復興から東日本団震災の5年後にあたる平成28年8月末の台風10号災害を機に立ち上がった「いわてNPO災害支援ネットワーク」に参画しており、今回のプロボノ支援についても、このINDSの活動をさらに推進するため「災害時の企業連携に向けた、連携協働事業の提案資料の作成」の部分でご支援いただきました。

*プロボノ活動とは、本業で培った専門スキルを用いて無償の社会貢献を行うことです。

私達は、岩手県版官民連携の防災モデルの構築を目指して、セミナー開催や県市町村社協、行政などと連携を進めているところではありますが、この多機関連携を支える継続的な仕組みが必要であり、その基盤を安定させるためには、地域に根差した企業との連携が不可欠です。
担い手が限られている岩手においては、特に企業連携は進めていく必要があるということで、今回INDSが日々の団体訪問に使う連携協働事業の提案資料の作成が必要となりました。

今回プロボノに手を挙げてくださった方は、ジョンソン・エンド・ジョンソン コンシューマーヘルス ドクターシーラボ(Supply Chain Deliver Excellence)にご所属の赤生さんです。


上段真ん中にいるのが、プロボノワーカーの赤生さん

期間としては、2022年7月から9月の3か月間。
企業連携に向けた提案資料が出来上がることをゴールとして、完全リモートで、週に1回1時間の打ち合わせをしながら進めました。

実際にプロボノ支援を受けてみて、情報の整理や資料作り等、専門スキルを持った方から、客観的な視点でアドバイスをもらいながら、企業提案書作成、SDGsの整理など、つい後回しになりがちな、「重要性は高いのに、緊急性は低い」課題に着手できました。
そして、新たなつながりということで、赤生さんに応援してもらっている、INDSの仲間が増えた感覚でモチベーションアップに繋がりました。
ご支援いただきながら作成した資料を、今後の活動に使わせていただきます。

最後になりましたが、「ボランティア・プロボノ基礎講座」や「マッチング会」を企画してくださったJANPIA様、プロジェクトを伴走してくださったJVOAD様、今回のご支援に企業としてご協力してくださったジョンソン・エンド・ジョンソン様、そして何より、プロボノワーカーの赤生様、他ご支援いただいた全ての皆様に感謝申し上げます。

しっかりと今後の活動につなげていきます。
本当にありがとうございました!!


いわて若者カフェ企画運営について

謹啓 陽春の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。
さて、令和5年4月1日より岩手県が設置する「いわて若者カフェ」の運営を、いわて連携復興センターが担わせていただくこととなりました。岩手県の若者同士の交流、若者による主体的な活動の発信・後押しができるよう、利用者の皆様へご不便をかけぬよう努めてまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

謹白


3/24(金)「休眠預金活用事業紹介セミナー~休眠預金を活用して事業を発展させるためには~」を来場とオンラインのハイブリッドで開催し、28名の方々にご参加いただきました。

本講座は、一般財団法人日本民間公益活動連携機構 事業部長の和田泰一さんと、同じくプログラムオフィサーの福田文さんより「休眠預金制度の概要と活用状況」「休眠預金活用の事例紹介」「休眠預金活用の担い手になるには?」についてご講義いただきました。


事例紹介のパートは、福田さんからのインタビュー形式で行われました。
当法人の事務局長である大吹が登壇し「休眠預金活用事業に申請しようと思ったきっかけ」「他の補助金や助成金との違い」などについて、実際に活用して感じたことをお話しさせていただきました。


参加された方の満足度も高く、「概要をコンパクトにまとめていただき、全体像を掴むことが出来ました。 」「実際に受けている団体の声が聞けたのはイメージしやすかったです。」などの声をいただきました。

和田さん、福田さん、ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

本講座は、岩手県よりNPO活動交流センター管理運営業務を受託している「いわてソーシャルパートナーシップ共同体」が実施しています。「いわてソーシャルパートナーシップ共同体」は、特定非営利活動法人いわて連携復興センターと株式会社めんこいエンタープライズにより構成されています。

引き続き、地域の中間支援団体や市町村と共に、地域のニーズに合わせた学びの機会を作っていきますので、ぜひご参加ください。


3月19日 遠野市民センターにて開催された「遠野市防災フォーラム 私たちが未来につなぐこと、新しく紡ぎだすこと~これまでのつながりを、これからの防災へ~(主催:遠野市)」の開催にあたり、いわて連携復興センターといわてNPO災害支援ネットワークも共催団体として、企画から関わらせていただいておりました。

当日は、県内外から170名の方に参加いただき、2011年の東日本大震災で官民協働で全国からの後方支援拠点として機能した遠野市が、当時の取り組みや活動を支えた幅広いネットワークを、未来にどう繋いでいくのかを考える場として開催しました。

はじめに、「遠野市協働での災害時支援及び復旧・復興推進に向けた包括協定」締結式が行われました。
毎年のように全国各地で災害が発生しており、岩手県内では、昨年8月に県北を中心とした大雨による災害が発生したところですが、災害はいつどこで起きてもおかしくありません。遠野市も例外ではなく、被害の最小化や被災者に寄り添った柔軟な支援が果たせるよう、平時から有事に機能する体制を整えておくことが必要なことから、今回の包括協定に至りました。

市町村単位の多機関連携による包括協定は、全国的にも先駆的な取り組みです。
今回締結した協定では、災害に対して遠野市内の5団体(機関)が連携して備え、対応することを目的に、
「市災害対策本部への参加及び情報の共有、支援の活動」など全部で6項目が盛り込まれています。


包括協定締結団体(左から NPO法人遠野まごころネット、社会福祉法人遠野市社会福祉協議会、遠野市、認定NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク、一般社団法人遠野青年会議所)

<包括連携協定の連携協力内容>
 1 市災害対策本部への参加および情報の共有、支援の活動
 2 災害ボランティアセンター開設時の協働による活動の推進、及び運営基盤の構築
 3 市外の災害に対して協働での災害時支援、復旧、復興活動の支援
 4 地域防災力向上に向けた広域連携・官民連携の推進のためのネットワーク構築に向けた事業
 5 連携の取り組みを円滑、実効性のある活動にするための体制整備、研修会等の開催
 6 その他目的を達成する事業

その後の基調講演では、「記憶、そして絆を未来につなげるということ」と題し、
大阪公立大学大学院文学研究科 准教授 菅野拓氏より、3.11の時に遠野市や遠野市内のNPO等が果たした社会的意義(ハブ機能・後方支援)についてや、この経験を踏まえて今後の災害対応について官民連携して取り組んでいくこと、検討していく必要性があることを、有識者の視点でお話しいただきました。

続くパネルディスカッションでは、「私たちは何を未来につなぐのか」をテーマに、菅野氏コーディネーターのもと、遠野青年会議所 河野理事長、JICA 松永氏、多田市長よるディスカッションを行いました。パネルディスカッションで、多田市長からは「繋がることによって生まれる価値がある」、JICA松永氏からは「災害時は特に、想像力と感受性が大事。その人がどういう状況に置かれているのか、その人の背景にはどういった課題があるのかを想像し、それを感じ取ろうとすること大事」とのコメントがありました。

今回のフォーラムでは、今後起こりうる災害に対し、これまでの災害時の活動経験をふまえ”防災”について考える機会となりました。震災前から各団体同士顔の見える関係があったからこそ、迅速な支援活動と、全国のボランティアや支援協力を遠野に集めることができたように、平時からの連携体制が災害時の効果的な支援の基盤となります。今回の遠野市の包括協定を契機に、さらなる連携強化に繋がることが期待されます。


いわて連携復興センターも共催させていただいております、
「SUNTORY 東北サンさんプロジェクトみらいチャレンジプログラム説明会in大槌」のご案内です。

================================================
SUNTORY 東北サンさんプロジェクトみらいチャレンジプログラム説明会in大槌 開催
================================================
「みらいチャレンジプログラム」
サントリーグループの東日本大震災復興支援「サントリー東北サンさんプロジェクト」の一環として、
東北の未来づくりのために、岩手県・宮城県・福島県で”地方創生”・”地域活性化”を目指して挑戦する皆さまを
応援するプログラムです。
2021年7月にスタートした「みらいチャレンジプログラム」では、この2年間で東北3県で活動する74の個人・団体を
応援しています。
今回、第3期の応募に向けて説明会を開催します。
これまでの助成先による活動紹介も予定していますので、ぜひご参加ください。

【日時】
2023年4月2日(日)13:00~16:00
【会場】
大槌文化交流センター「おしゃっち」 2階大会議室(➁・➂)
【内容】
➀「みらいチャレンジプログラム」概要説明
➁これまでの助成先による活動紹介(予定)
➂第3期応募に関する質疑応答

【お申込み】
添付のチラシにご記入いただきFAXいただくか、
QRコード、お電話でお申込みください。

【お問合せ】
サントリー東北サンさんプロジェクトみらいチャレンジプログラム事務局
(公益社団法人日本フィランソロピー協会内)
TEL:03-5205-7580 FAX:03-5205-7585 (月~金10:00-17:00)

【主催/共催】
主催:サントリーホールディングス株式会社
共催:公益社団法人日本フィランソロピー協会、特定非営利活動法人いわて連携復興センター、岩手日報社


ファイルイメージ

チラシ


ファイルイメージ

申込書